中国語の翻訳にチャレンジ! 月の恋人 第7話

中国語の翻訳!月の恋人の長塚京三のセリフ

「月の恋人 第7話」の中で、会社を首になった蓮介は、町を彷徨いとある
フリーマーケット会場にいた。
そこで、手作りの家具を売っていた青年との会話を中国語(簡体字)と
ピンインを作成してみました!

木村拓哉の中国語セリフ


(日本語訳)

店員:
それ俺が作ったんですよ!
1万・・・半額でいいですよ。

蓮介:
1万、いやそれ以上だな!


蓮介が手作りの家具を見ていると大貫照源(長塚京三)が現れる。
そこは、かつて蓮介の才能を大貫に見出された場所だった。

長塚京三の中国語セリフ

(日本語訳)

大貫:
君と初めて会ったのは、このフリーマーケットだった。
君は、手作りの家具を売っていた!
良い腕をもっていた!

蓮介:
あなたが、1番のお客でした。


中国語の台詞にも大分見慣れてきて、
文章を見て読み取る力がかなりついてきた気がします。
まずは、皆さんも日本語訳を見ないで、試して見てください。



私が取り組んでいる中国語の勉強教材は → こちら


月の恋人 中国語 翻訳