月9ドラマ「月の恋人」の最終話の動画!

月の恋人 最終話のストーリーと動画サイト紹介!

月の恋人 道尾 秀介
◆月の恋人―Moon Lovers (単行本)


≪コインが4枚。何に見える?≫ 敏腕な青年社長、葉月蓮介の
恋物語は、上海の夜のある謎かけから始まる。
お前の一言が、俺の運命を変えていく.....冷徹な手腕で
ビジネスを成功させる
青年社長・葉月蓮介が、夜の上海で巡り合った女。
ありえない二人の物語は、美貌の中国人モデル、
部下の社員らを巻き込んで予測不能の展開に......。
いま話題沸騰の人気作家 道尾 秀介がフジテレビ
月9ドラマのために書下ろしたラブストーリー「月の恋人」!

月の恋人 最終話 動画


◆月の恋人 最終話「2つの月が照らす太陽のハート」
動画はこちら

◆月の恋人 「最終話 2つの月が照らす太陽のハート」のあらすじ


レゴリスの社長となった蔡風見(松田翔太)は新戦略を打ち出す。
そこには、かつて「レゴリス」を退職した嶺岡康之(川平慈英)の姿もあった。

レゴリスを離れて、個展の準備をする二宮真絵美(篠原涼子)だが、
葉月蓮介(木村拓哉)の行方が気になってたまらなかった。

その頃、シュウメイ(リン・チーリン)は「新生レゴリス」の新CMを撮影中で、
付き人としてミン(阿部力)が一緒に取り組んでいた。

そんな中、ふと蓮介が真絵美の事務所に現れる。
そして、事務所の片隅を貸してもらい自ら家具作りを始める。

そんなある日、テレビにシュウメイの新CMが流れる。
心の動揺を隠せない蓮介に対し、真絵美は、個展の準備で忙しいとの理由で
蓮介を事務所から追い出す。

その後、蓮介は大貫柚月(北川景子)に別荘を貸して欲しいとお願いする。
家具作りのための道具が揃っている別荘で、蓮介は黙々と家具作りを再開した。

そんな中、蓮介が作業をしていると地元町役場の職員が蓮介を訪ねてくる。
ネットで蓮介が滞在しているのを知ったというのだ。
そこで、蓮介に町営ホールのインテリアデザインを依頼したいとのことだった。

町役場から蓮介へのデザイン依頼を知った風見は、「レゴリス」も
その入札に参加することを決める。
それは、真絵美がレゴリスへの契約社員の話を受ける代わりに、「レゴリス」も
入札に参加して欲しいと風見にお願いしたのだった。

こうして、町営ホールのインテリアは蓮介と「レゴリス」の一騎打ちとなった。
1人では「レゴリス」に太刀打ちできないと蓮介は、判断し真絵美に助力を求める。
それを引き受けた真絵美と蓮介は、心のこもったシンプルな作品を作り出す。
対するレゴリスは、豪華に装飾されたデザインの作品を提示する。

果たして勝利するのはどちらなのか?
蓮介とシュウメイ、真絵美の恋の行方は...

月の恋人 最終回