月9ドラマ「月の恋人」の第7話の動画!

月の恋人 第7話のストーリーと動画サイト紹介!

月の恋人 道尾 秀介
◆月の恋人―Moon Lovers (単行本)


≪コインが4枚。何に見える?≫ 敏腕な青年社長、葉月蓮介の
恋物語は、上海の夜のある謎かけから始まる。
お前の一言が、俺の運命を変えていく.....冷徹な手腕で
ビジネスを成功させる
青年社長・葉月蓮介が、夜の上海で巡り合った女。
ありえない二人の物語は、美貌の中国人モデル、
部下の社員らを巻き込んで予測不能の展開に......。
いま話題沸騰の人気作家 道尾 秀介がフジテレビ
月9ドラマのために書下ろしたラブストーリー「月の恋人」!

月の恋人 第7話 動画


◆月の恋人 第7話「二人だけの同窓会」
動画はこちら

◆月の恋人 「第7話 二人だけの同窓会」のあらすじ


葉月蓮介(木村拓哉)の側近である蔡風見(松田翔太)は、定例会議で蓮介の
解任動議を提案する。
レゴリスの社員は反対することなく、蓮介の解任が決定される。

その後、風見は「レゴリス」の代表となりライバル会社で業界1位の
「マストポール」』の社長、大貫照源(長塚京三)との提携を発表する。

会社を追い出された蓮介は、宮真絵美(篠原涼子)に礼を述べて会社から
去って行った。

真絵美は風見に、自分に接近したのも、蓮介を陥れるためかと問い詰める。
すると、風見はそれを否定し『レゴリス』に残って欲しいと真絵美に頼んだ。

行方不明となった蓮介は、無名の頃に出展していたフリーマーケット会場にいた。
そこは、かつて「マストポール」の社長である大貫に才能を認められ、
この業界へのスタートをした場所だった。

蓮介が手作りの家具を見ている時、再び大貫が現れ、もう一度自分と一緒に
やり直してみないかと蓮介を誘う。
大貫は心から蓮介の才能を買っていたのだ。
しかし、蓮介は丁重に断りその場から去っていってしまう。

蓮介の行方を心配した真絵美は、手がかりの場所を探しまわる。
そして、かつても母校である大学へと足を運ぶ。

ちょうど、大学では学園祭が行われている最中で、誰もいない校舎内を
捜し歩くと、美術準備室にいる蓮介を発見する。

そんな真絵美に蓮介は初めて心中を打ち明ける...
自分は他人とうまく繋がることが出来ないと話す蓮介に、真絵美は大きな木の
話を蓮介にする。

大きくなりすぎた木は、木材として使えないため切られることがなくなる。
でも、大きな木は枝を広げて旅人の道しるべになったり、雨宿りの場所になったりする。
蓮介も、そんな木になれば良いと真絵美は静かに話した...

月の恋人 第7話