月9ドラマ「月の恋人」の第6話の動画!

月の恋人 第6話のストーリーと動画サイト紹介!

月の恋人 道尾 秀介
◆月の恋人―Moon Lovers (単行本)


≪コインが4枚。何に見える?≫ 敏腕な青年社長、葉月蓮介の
恋物語は、上海の夜のある謎かけから始まる。
お前の一言が、俺の運命を変えていく.....冷徹な手腕で
ビジネスを成功させる
青年社長・葉月蓮介が、夜の上海で巡り合った女。
ありえない二人の物語は、美貌の中国人モデル、
部下の社員らを巻き込んで予測不能の展開に......。
いま話題沸騰の人気作家 道尾 秀介がフジテレビ
月9ドラマのために書下ろしたラブストーリー「月の恋人」!

月の恋人 第6話 動画


◆月の恋人 第6話「最終章序幕 別れ」
動画はこちら


◆月の恋人 「第6話 最終章序幕 別れ」のあらすじ


葉月蓮介(木村拓哉)が経営するインテリ家具会社『レゴリス』で
販売しているイスの欠陥が生じ、子供がケガをしてしまう事故が発生する。

蓮介と部下である雉畑藤吾(渡辺いっけい)は、
病院へ事故で怪我をした子供のお見舞いに行くが、両親は許してくれない。
それどころか、訴訟も考えているとのこと...

事故の調査を行った結果、事故を起こした椅子は、
上海工場で製造されたものと判明する。
工場の責任者である雉畑に対して、蓮介は説明を求める。

そんな蓮介の強引な追求に対し、レゴリスの社員たちは
蓮介のやり方に不満を持つ。

その後、雉畑は社長室にいる蓮介のもとへ辞表を提出にやってきた。
会社の立ち上げ時から、一緒に頑張ってきた雉畑を蓮介は信頼していた。

そして、引きとめようとした蓮介に対し、雉畑は事故の帳尻を
合わすためには自分が辞めるほかはないと話す。
そして、昔の呼び方で「蓮介、あきらめずにガンバレ!」と言い残し
社長室を後にする。

次の日、蓮介は記者会見にて事故の原因を公表する。
そして、上海からの全面撤退を発表し、被害者への改めての
謝罪を強調するが、社長自らの進退についてはコメントしなかった。

その後、蓮介のもとへ1本の電話が入る。
ケガをした子供の父親が告訴を取り下げるという旨の内容だ。

雉畑は、毎日病院に通い、ケガをした子供のためにいろいろと
誠意を尽くしていた。
その誠意に打たれ、父親は告訴を取り下げるというのだったが...
時すでに遅し...雉畑は『レゴリス』を辞していた。

上海からの全面撤退について、蓮介はシュウメイ(リン・チーリン)に聞くが、
シュウメイは全然責めない。
「蓮介の気持ちが分かるから許す」と寂しく微笑むシュウメイだった。

その後、ストーリは大きな展開をみせ、シュウメイの幼なじみである
ミン(阿部力)が隠し持っていた上海工場での不当労働を記した
レポートがマスコミに漏れてしまう。

さらに、マストポール社長の大貫照源(長塚京三)と蔡風見(松田翔太)が
裏で組んでいた。

そして遂に、蓮介の社長解職についての会議を蔡風見が提案する。

蓮介は月の見えない夜空を見上げながら、風見に問いかける。
いつから、考えていたのか...と。

うすら笑いを浮かべながら、去っていく蔡風見の思惑とは...

月の恋人 第6話