中国で発行枚数20億の銀聯(ぎんれん)カードを解説します!

中国旅行や出張に便利な銀聯カードとは?

【銀聯(ぎんれん)って何?】

2002年に中国の中央銀行である中国人民銀行
が中心となって政府主導で設立された銀行
カード連合組織『中国銀聯(China Union Pay)
の事です。

ギンレンカード
【銀聯(ぎんれん)カードの特長】
①銀行のキャッシュカードを使用して、お買い物やサービスなどの支払いができる
デビットカード方式を採用している。
クレジットカードとの違いは、お客様の口座から、即座に代金を引落す「即時決済型」です。
②銀聯カードの発行枚数は、約21億枚で、カード所有者も6億人以上いる。
③中国の富裕層を中心に信頼性の高い決済方法として、幅広く普及している。
銀レンカード
【銀聯(ぎんれん)カードの使い方は?】

銀聯カードの利用方法は、店頭で銀聯カードを提示し、6ケタの暗証番号の入力と
サインの両方を行う。
後は、銀行口座から代金が引き落とされる仕組みになっています。

ギンレン

カードが使える範囲は、預金額の範囲内なので、
使いすぎる心配がありません。

中国への旅行やビジネス出張の際に、中国の
ほとんどのお店で銀聯カードが利用できるので
1枚用意しておけばとても便利です。

【銀聯(ぎんれん)カードが普及した理由は?】

銀聯カードが普及した背景には、大きな理由があり、中国では、個人向けの
与信システムの構築が遅れている為、クレジットカードがあまり普及して
いないと言われています。

中国の元紙幣で最も大きいのは、100元(日本円で約1500円)。
現金で高額な買い物をするのにはかなり不便です。

例えば、2万元(約30万円)の3Dテレビを買う場合、100元紙幣が200枚も
必要になるわけです。多くの現金を持ち歩けば、スリや強盗にあう危険性も
高くなるのです。

また、販売店では偽造紙幣防止策として、紙幣を1枚ずつチェックする体制を
とっており、200枚を調べるとかなりの時間もかかるわけです。

消費者や販売者にとって、安心して高額な買い物ができる・させる手段として、
銀聯カードが普及しているというわけです。

人民元
【利用可能な世界ネットワーク!】

ここ数年の間に、中国国内だけに留まらず、日本、マカオ、韓国、タイ、
シンガポールといったアジア諸国から欧米へも広がり、海外での利用率も
年々増加の傾向を示している。

銀聯カードの利用範囲
【日本で作れる銀聯(ぎんれん)カード】
日本国内で銀聯カードが唯一作れるのが、「三井住友銀聯(ぎんれん)カード」です。
デザインは、大陸の絵柄とパンダの絵柄の2種類となっています。
銀聯カード

決済は、日本円建てで1回払いのみ、キャッシングには非対応。
年会費は無料だが、入会時に2100円(家族会員は525円)のカード発行手数料が
かかります。
基本的に5年更新で、更新時に1050円(家族会員は525円)の更新手数料が必要。

銀聯カードの必要性が分かる!おすすめビジネス本

中国人から儲ける本
個人観光ビザの発給も解禁され、年間100万人を突破した中国からの観光客や商用客へ売り込み方のノウハウが
記載されている。
また、中国で20億枚以上発行されている銀聯カードへの
加盟方法、中国人顧客の購買心理、集客・接客のツボ、
意外な人気商品、通販サイト安心活用術から
ニュービジネスの実例ヒント集まで、日本にいながらにして
中国人富裕層で稼ぐための、日本で初めてのノウハウ本
である。
著者名:チャイナ コンシェルジュ
出版社: 宝島社
価格:1,365円
本の詳細はこちら >>
中国銀聯 China Union Pay